艸そう

染や織や日々のこと 2 
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています



とにかく、撚り止めをして綛にしよう。それから、楠で染めようと思う。
ひびろを掛けるのも何ヶ月ぶりだろう。糸紡ぎに随分と時間がかかってしまった。

朝は6時を過ぎてもまだ明るくならない。
夕方は5時を過ぎるともう薄暗い。
日が短くて洗濯物も乾かない日々。

昨日は町長選挙と町議の選挙。即日開票。
町長選 岡本 英樹 (58)氏 (無新6,470票)
町議選 新人5人を含む16名 (内新人4名は上位で当選)
投票率は␣87.19␣% (前回89.48%)
当日有権者数は1万4008人(男6565人、女7443人)

JUGEMテーマ:日記・一般


あきらめちゃあいない。
確かに、腰にくるけど。

だけど、今は置き場が無い。高機でさえ廊下の隅っこに追いやられてしまったのだから。

いちいち作業場を明け渡すのにももううんざりしている。これから冬に向かうのに、寒い寒い廊下で織をするのかなぁ。この際だから、明け渡した玄関の衝立の後ろに、これみよがしにどっかり地機を置いてしまおうか。。。

伝統工芸 本場結城紬織機「地機」(じばた)


JUGEMテーマ:染織


ようやく落ち着いて、再び糸紡ぎに取りかかっている。

しかし、しかし、糸車がすこぶる不調で弱っている。車を支える手前の木がいちいち緩み、車が歪んで回ったかと思うと、車に掛かるはやおがギリッと音を立てては飛んで外れてしまう。もう一台はハンドルが折れていて使えないし。しょうがないので、霧吹きでツメを膨張させたり、木槌で押し込んだり、なだめながら、こざらしながら作業している。早く終えて全面的に修理にかかりたい。

今日は晴れたかと思ったら、ざっと雨が降ったりと妙なお天気だ。

オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞したニュースが世界を駆け巡っている。いろいろな意味で微妙な、そして大事な時期なのだと思うから、心配が頭をよぎる。授与する側は、追い風になるようにとの思いが有るようだが、受ける側は、とても複雑なんじゃないかと思ったりしている。善き事だって、時に足をすくう事だってある。




JUGEMテーマ:染織



苧引きがやっと半分終わった。苧引き前の皮むきは、まず太い物から始めて残った細い物がなかなか進まず、ぼちぼちとやっていたら低学年が2人手伝うと聞かないので、駄目で元々とやり方を教えたら面白いらしく、すっかり最後までやってのけた。まあ少々荒っぽくは有ったが、なかなかやるじゃないか。飽きっぽいのはこっちも負けないのだけど,おかげでくじけずにやり終えた私。ありがとう,君たちのおかげ。とりあえずは乾かぬように新聞紙にくるんで野菜室で苧引き待ちしているのがあと半分。明日には終えねば,冷蔵庫と言えども何日も置けない。

何になるの?と聞くから「糸を作るの」というと、なんでそんな事をするのか?と,質問攻め。「さあね、ようわからん」と答える。そして私の頭の中では「なんで?」がぐるぐる廻る。ご覧のようにでこぼこで傷が有ってお世辞にもきれいとは言えない。上布とか、からむしとか、上等なものを織っている人からすれば、選別してはねられる屑みたいなものだろう。なのに何倍も時間をかけて糸にしようとする、のはなぜ?私にも解らないのだよ、子供たち。とにかくあの場所のあの草で、一反分の布が出来るまでは止められない。


JUGEMテーマ:染織


友人の地機を見学に行く。機はコンパクトだけどがっしりとした安定感が有った。彼女も,実際に織るところを見た事はほとんどなく、説明書を見ながら自力で此処までこぎ着けたらしい。さくっと説明してもらって少し織らせてもらった。腰に経糸を固定する。ぎこちなく手と足と体を動かして緯を一本入れてみる。ちょっと足がつりそうになる。緩めて張って、体が機の一部になることを実感した。



JUGEMテーマ:染織



FX初心者の入門講座